YouTubeも更新中!

【簡単ダイエットレシピ】キノコと鶏胸肉をふんだんに使った、中華風炊き込みご飯

今回は簡単ダイエットレシピということで、カロリーの低いキノコと鶏胸肉をふんだんに使った、中華風炊き込みご飯を紹介します。

 

キノコと鶏胸肉の組み合わせであると、ぼんやりした味になってしまいがちですが、今回は「ザーサイ」を加えることによって味にパンチを持たせ、中華風にアレンジしました。カロリーも低く、とても簡単ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

1 YouTube動画でキノコと鶏胸肉のご飯を見る

 

 

 

2 材料(4合分)

☆ご飯(4合)
☆舞茸 1パック
☆シメジ 1パック
☆鶏胸肉 200~250g(1枚)

☆ザーサイ 1瓶(100g)
☆めんつゆ 4倍→50cc 3倍→60cc

 

※ 仕上げに、カツオ節・ラー油・青ネギなどを乗せるとより美味しいです!

 

3 中華風炊き込みご飯の作り方

① 鶏肉を一口大に切る(ザーサイが大きい場合は一口大に切る)

② お米をとぎ、水を一定量より少し少なめに入れる

③ 舞茸・シメジ・鶏肉・ザーサイを入れる

④ めんつゆをいれ、少しかき混ぜる

⑤ 炊飯器のスイッチを入れ、炊くまで待つ

⑥ 炊けたら少し混ぜて蒸らし、盛り付けて完成!

 

4 ポイント

4-1 炊く前の「かさ(量)」は少し多め

お米を炊くときに具材の量が多いと不安になりがちですが、材料が少し多めでも炊くときに蒸し焼き状態になるため、しっかり火が通ります。

 

そのため、少し「多いかな?」と思う量でも、炊けば丁度良い場合が多いです。材料が多いとその分カロリーが低くなる面もあるため、材料は少し多めで炊きましょう。

 

4-2 仕上げのラー油

仕上げにラー油をかけることにより、「風味」が一気に変わります。

ザーサイ・キノコ・めんつゆと、どの材料も「ごま油」との相性がよいため、ご飯が温かい場合はラー油をかけると大変美味しいです。

 

キノコと鶏胸肉のご飯 まとめ

今回は、キノコと鶏胸肉を使って中華風炊き込みご飯を紹介しました。

この料理はとても簡単でカロリーも低く、大変おすすめです。

夕飯はもちろん、夕飯のときに多めに作って翌日の朝に持ち越す、お弁当に加えるなど、さまざまな使い方もできますので、ぜひお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です